男性が後悔しない結婚指輪の選び方!

%e7%b5%90%e5%a9%9a%e6%8c%87%e8%bc%aa%e9%81%b8%e3%81%b3%e6%96%b9
夫婦が契りを誓いあった証のひとつである結婚指輪。

結婚指輪と言うと、女性だけでなく男性も身に付けるものです。

ただ、普段あまりアクセサリーをつけない男性の場合には、結婚指輪を作成する時に「どんな結婚指輪を作れば良いのかわからないっ!」と悩んでしまう方も多いです。

確かに情報を集めていても、女性向けの情報は多いのですが、男性向けの情報は集めにくいのが現状。

もし、男性の結婚指輪の情報について分かりやすくまとまっていたら、かなり助かりると思いませんか?

そんなあなたのお悩みを解決するために、こちらのページでは男性が結婚指輪を選ぶ時の注意点について徹底解説。最後まで読んでいただければ、男性が結婚指輪を選ぶ際の悩みについて解消することができます。

それではさっそく見ていきましょう!


みんなつけてないの?男性の結婚指輪

しかし男性にとっては、「面倒くさい」「邪魔」などの理由から、結婚指輪をつけない人が多いと言われています。

ここでは男性は結婚指輪をつけるのか、つけないのか?に迫ってみましょう。

「結婚指輪をつけていますか?」と男性にアンケートしたところ以下のような回答になりました。
・つけない…60%
・毎日つけている…30%
・気が向いた時につけている…5.6%
・休日や出かける時にだけつけている…2.2%
・その他…2.2%

この結果を見ればお分かりの通り、男性では「つけない」派の人が、「毎日つけている」派の人の2倍もいることが分かりました。

お揃いの結婚指輪を購入したにも関わらず、60%もの男性が身につけない…というのは本当に驚きの結果ですね。

ではなぜ男性は結婚指輪をつけない人が多いのでしょうか?

その理由は人によって様々ですが、男性がつけない理由として多いのが以下の理由になります。
・仕事で邪魔になるからつけない(仕事柄つけられない)
・元々アクセサリーが苦手
・指が太くなって入らなくなった
・紛失してしまった
・金属アレルギーがあるからつけない

特に年齢を重ねるごとに、つけない男性は増えています。

サイズが合わなくなる、金属アレルギーになるなど、体質的な変化に伴って結婚指輪をつけない男性も増えてくるようです。


男性のマリッジリングの選び方とは?

男性、女性ともに身に着ける結婚指輪は2人の愛の証。

それぞれの言い分を聞きながら、結婚指輪選びをしなければなりません。

ではどのような選び方をすればよいでしょうか?

ここでは男性の結婚指輪の選び方についてまとめてみましょう。

男性の結婚指輪の選び方のポイントは以下の通りです。
・シンプルなデザインであること
・丈夫さ
・つけ心地
・アフターサービスの有無
それぞれ男性の結婚指輪の選び方のポイントを簡単に解説していきましょう。

≪シンプルなデザインであること≫
結婚指輪は一生つけ続けるものです。

毎日つけても違和感のないデザイン、仕事中邪魔にならないようなデザインというのが男性にとっては選び方のポイントとして重要になるでしょう。

シンプルなデザインを求める男性は非常に多いです。

特に男性は指輪を普段あまりつけないという方が多いため、個性的すぎる結婚指輪には抵抗がある方も多いようです。

≪丈夫さ≫
現場での仕事などがある男性であれば特に選び方のポイントとなるのが「丈夫かどうか?」という点でしょう。

傷つきにくい、変色しにくい、劣化しにくい素材か?壊れにくいデザインか?などは選ぶ上で重要になってきます。

硬度の高い素材の結婚指輪を購入される男性が多いです。

≪つけ心地≫
結婚指輪は一生身に着けるものですので、つけ心地も選び方として重視しておきたいですね。

指にフィットするか?指につけた時に違和感はないか?などは購入する前にしっかりと確認しておきましょう。

実際に試着してみてつけ心地はよいかどうかを見ておくのもよいでしょう。

最近ではつけ心地にこだわったジュエリーブランドも多いですよ。

≪アフターサービスの有無≫
結婚指輪を購入する時には、購入したお店(ブランド)のアフターサービスがあるかどうかも確認しておくとよいでしょう。

アフターサービスの有無は結婚指輪の選び方のポイントとして大切です。

長年使用していくと、結婚指輪に傷がついたり、サイズ直しが必要になったりするケースが多々あります。

その場合にアフターサービスが充実している場合、安心ですよね。

サイズ直しや指輪磨きを無料で行ってくれるジュエリーブランドも多いですよ。

男性と女性では結婚指輪の選び方のポイントが若干違ってきます。

選び方のポイントをしっかりと抑えて、納得いく結婚指輪選びをしたいですね。


マリッジリングの太さはどうやって決めるの?

一般的に結婚指輪のリング幅はその人の体格や手の大きさ合わせたものを選ぶと綺麗につけることができるでしょう。

結婚指輪の平均的なリング幅は2.5~3㎜程度になりますが、男性の場合、もっとリング幅の太さを太くする場合もあります。

今回は以下のリング幅の太さの特徴を簡単に説明していきます。
・2.5㎜の結婚指輪の太さ
・3.0㎜の結婚指輪の太さ
・3.5㎜の結婚指輪の太さ
・4.0㎜の結婚指輪の太さ

≪2.5㎜の結婚指輪の太さ≫
2.5㎜幅の結婚指輪は、つけ心地がよく、普段使いもしやすいです。

男性、女性ともに細すぎず、太すぎず、ちょうどよい幅として人気があります。

男性、女性どちらにも似合うため、お揃いの幅にすることができるでしょう。

≪3.0㎜の結婚指輪の太さ≫
3.0㎜幅の結婚指輪は、ナチュラルなふんいきで身に着けられます。ほどよい存在感もありながら、どんなファッションにも合わせやすいでしょう。

この3.0㎜幅は、一般的な日本人男性にちょうどよい太さといえます。

手のがっちりした男性でも自然な雰囲気になるので、なじみやすいでしょう。

太さに迷った男性はこの幅がおすすめ。

≪3.5㎜の結婚指輪の太さ≫
3.5㎜幅の結婚指輪は、少し個性的でカジュアルな印象を与えてくれます。

男性にもしっかりとしたボリューム感を手元に持たせられますが、そこまで際立った印象にもならず自然に身に着けられるでしょう。

男性が身に着けた場合には、程よい存在感がありおしゃれです。

女性の場合、ボリューム感が強調されるので、男性に比べて個性的でカジュアルな印象になります。

≪4.0㎜の結婚指輪の太さ≫
4.0㎜の結婚指輪は、重厚感が感じられる太さになります。

がっしりした手の男性がつけても存在感たっぷりです。女性の場合には、重厚感があり、男性的なイメージにもなります。

4.0㎜以上の太さがあれば、太さがあるので刻印やアレンジがしやすいというメリットがあります。

それぞれの太さによって特徴があるので、男性、女性にあった太さの結婚指輪を選びたいですね。


ゴールドのマリッジリングは選ばれているの?

結婚指輪=プラチナというイメージが強いかもしれません。

しかし最近ではゴールドの結婚指輪を選ぶカップルが多く、特に男性からもゴールドの結婚指輪は非常に人気が高いです。

ゴールド素材の結婚指輪は高級感があります。

またゴールドと一言でいっても、色々な系統があるので、選ぶ種類によって結婚指輪の雰囲気は変わってきます。

結婚指輪に用いられるゴールドはホワイト、ピンク、イエローの3種類があります。 

この中でも特に男性からの人気が高いのは、ホワイトゴールドです。無難なホワイトゴールドを選ぶ男性は半数以上にも上ります。

ホワイトゴールドは、3つの中でも一番上品で清楚な印象を与えてくれます。

また男性がずっとつけていても飽きがこないので、結婚指輪の素材としてぴったりです。

男性にゴールドの結婚指輪が人気の理由は以下の通りです。
・希少性
・耐久性
・カラーバリエーションが豊富
・肌なじみがいい
・コストパフォーマンスがよい

希少性、耐久性があるので結婚指輪の素材としてぴったり。

カラーバリエーションも豊富で、肌なじみもよいので、男性でも長く愛用できます。

さらにプラチナに比べてコストパフォーマンスがよいので購入しやすい結婚指輪と言えるでしょう。


結婚指輪にダイヤをつけるのは女性だけ?

結婚指輪はシンプルな印象がありますが、女性側の結婚指輪にダイヤをつけるというカップルが多いです。

出は男性の結婚指輪にダイヤがついているのでしょうか?

結婚指輪を持っている男性の中で、ダイヤの結婚指輪を持っている人の割合は15.6%とあまり高くはありません。逆に75.2%の男性は、宝石がついていない結婚指輪を身に着けているのです。

男性は仕事上、ダイヤなど宝石が入ったキラキラした指輪は、ビジネスシーンに合わないと考えている人がたくさんいます

そのため女性側だけにダイヤを入れて、男性側にはシンプルな結婚指輪を選ぶというカップルが多いのです。ただ男性の中でもダイヤを入れたい!という人もいます。そのような男性は、見た目に影響しないように、内側にダイヤを入れている人もいるんですよ。


関連記事

ページ上部へ戻る